AGA遺伝子検査

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

記事公開日:2012/09/23

最終更新日:2016/10/30

 

目次

 

 

AGAチェックは遺伝子レベルで判断する

AGA治療薬処方

血液検査はあらゆる病気において現在の健康状態が正常であるか?異常であるか?を確認するための重要な項目です。

 

ではAGA治療を行う前には、血液検査など何らかの検査はしなくて良いのでしょうか?実は、AGAは、ほとんどのケースで目視による確認で済ませてしまいます。医師が「はい、あなたはハゲです!」と言えばそこからAGA治療がスタートします。

 

逆に言うとまだハゲてない状態であれば、「あなたはハゲてないのでまだ治療しなくて大丈夫です!」と言う事になります。ある意味安心しますが、家族や親族に薄毛の人がいた場合、「今はいいけど…将来は…」と思う人もいるでしょう。そういった方は、一度遺伝子検査を行ってみることをおすすめします。

 

今ではある程度、遺伝子レベルで判断することも可能になりました。AGAの程度を調べるためには、以下の検査項目があります。

 

AGA遺伝子検査項目

フォトトリコグラム(成長期の毛の本数を測定する方法)
血液中のテストステロン濃度検査
血液中のDHT濃度検査
毛乳頭細胞内のDHT濃度検査
U型5-αリダクターゼ活性検査
頭皮の皮膚生検

 

しかしこれらは、費用と手間がかかるため実施することはあまり現実的ではありません。一般的には、前述したように目視による確認だけでAGAの有無を確認します。ただこれからAGAになってしまうかもしれないという人は不安でいっぱいだと思います。

 

AGAは遺伝的要素で起こるとがほとんどですから遺伝子検査を実施することは、その後のAGA治療(プロペシア服用)を行う上で効果の予測などの目安を立てやすくなります。AGAになりやすい体質なのかそうでないのかを調べるには、フィナステリド感受性試験(AGAチェック)というものがります。のAGAチェックを予め受けていれば少しは心も和らぐのではないでしょうか??

 

遺伝子検査できる医療機関!

地域別の医療機関を検索

 

日々の変化を見逃さないことが重要

AGA専門クリニックは数百人と患者を見てきた薄毛治療専門のプロが見てくれます。ある程度ヤバイかヤバクないか?くらいはプロの目でなくてもわかります。実際に、町中を歩いても「あ、この人そろそろヤバイな!」とか「この人キテルは!」とか、「このまま行くと禿げるよ」ってひとはよく見ればある程度薄毛に敏感な人であれば解るでしょう。

 

重要な事は、「俺はヤバイ!」と思っている人は、常に髪の毛の質、ボリューム、量、地肌の見え具合などを毎日チェックすすことです。毎日は流石に難しくても月に一回とかの頻度で確認しておけばいざやばくなる前に対処ができます。

 

自分自身で出来ない人は、家族に見てもらうとかでもいいでしょう!

 

とにかく日々の変化を見逃さずに早期発見して早期治療することがAGA治療において重要な事です。遺伝子検査などは一つのオプションと捉えておいた方がいいかもしれません。

 

フィナステリド感受性試験(AGAチェック)

DHTレベルが高濃度になるとAR(男性ホルモンレセプター)に結合し脱毛タンパク質が分泌されます。これがAGAを進行させる原因になるため、DHTがARに結合しやすいかどうかの検査をすればフィナステリド(プロペシア)の効き目が予測出来ると言われています。

 

検査の方法は、髪の毛を数本採取するだけです。結果が出るまでには1ヶ月位かかります。AGA治療は長期にわたって行う治療です。フィナステリドを服用する前に効果のほどを確認しておけば、安心して治療を受けることができるでしょう。

 

AGAチェックの理屈

フィナステリド感受性試験はDHTとARが結合しやすいかどうかの検査です。X染色体上にあるAR遺伝子は、CGAと言う塩基の反復箇所を持っています。このCGAの反復数を数えることでフィナスレチドの効き目が予測出来ます。一般的には、CGAの反復数が少ないほうがフィナステリド服用の効果が高いとされています。つまり、CGAの反復数を数えて効果を予測するのがAGA遺伝子検査なのです。

 

遺伝子検査を行うことで、AGAによる脱毛のリスクがあるのかどうか?リスクがあった場合はAGA治療薬の有効性は高いのかどうか?がわかります。AGAリスクが低いのであれば、また違ったアプローチで薄毛対策をしないといけません。抜け毛が進行し始める前に一度検査することで、その後の抜け毛薄毛対策が大きく変わるはずです。以下のページでAGAできる医療機関を調べられます。

 

AGA遺伝子の検査は、大学病院とも連結して共同研究しているヘアメディカルがオススメです!日本で最も先端の医療をひた走るクリニックです。

 

「日本初頭髪治療クリニック」

↓↓WEB無料相談はコチラ↓↓

>>「ヘアメディカル」公式HPはこちら<<
ヘアメディカル新LP

 

フィナステリド感受性試験の価格

AGA遺伝子検査の価格は、どこのクリニックも20,000円前後で出来ます。最も安いのは銀クリで、19,440円ですが高くても20,088円のルネッサンスクリニックですので、それほど価格差はないでしょう。

 

AGA遺伝子検査できるクリニックはコチラ
>>銀クリ.com
>>ルネッサンスクリニック
>>聖心美容外科クリニック

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加     

 

AGA治療は専門の医療機関で!

薄毛は黙っていても治りません!

生活習慣の改善を始めとする運動療法や食事療法、睡眠療法などの効果を否定するわけではありませんが、期待するほどの効果はないと言われています。


これらの予防方法は、専門院で行う治療を前提としています。生活習慣だけで薄毛が改善する可能性は低いと言っていいでしょう。薄毛改善をするなら医療機関での治療を開始すべき時代です。


薄毛は早期の治療が明暗を分ける病気です。少しでも気になり始めたり、抜け毛が多く感じたり、知人に指摘されることがあれば、それは治療開始の「シグナル」と捉えていいかもしれません。まずはAGA専門院に無料相談してみましょう。薄毛、抜け毛は病院で治す時代です。



 

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報