AGA予防法

作成日:2013/04/18

更新日:2016/08/06

 

薄毛予防

目次

 

 

AGAの予防法-AGAの発症を遅らせるために-

 

AGAは早い方で10代後半から発症し始めると言われます。もっとも多くの人が実感する年代が30歳前後と言われています。

 

これ以降は、加齢とともに髪の毛の量も徐々に減少していきます。つまり老化現象による自然脱毛です。しかし、AGAによる脱毛も起こる人もいます。このような人は加齢+AGAのダブルで抜け毛が進行していきますので、そのスピードは想像以上に早い場合があります。

 

AGAの年代別の症状に関しては、年齢によるテストステロンの分泌量との相関があると言われています。つまり血液中のテストステロンレベルが高まることが、AGA発症の引き金になっているのではないかと言われているのです。

 

ただあくまでも予測でありますので、はっきりとしたことは今でもよくわかっていないというのが実際のところです。

 

 

AGAの最も有効的な予防法は、やはり原因となる男性ホルモンの分泌量をコントロールするところにあります。最終的には、テストステロンに5αリダクターゼが作用することでDHT(ジヒドロテストステロン)にを生成してしまうことが問題になります。

 

>>薄毛の原因

 

原因物質のDHTを抑制するのは、プロペシアが有効です。AGAが発症すると薄毛の症状が進行するのですが、このAGAはいつ発症するのかは誰にも分かりません。まだAGAのスイッチが入っていない状態から、プロペシアを服用すれば薄毛になることを予防できます。

 

ただし薄毛の原因がすべてAGAであるとは限りませんので、その他の予防法も合わせて行うことも重要です。

 

髪の毛の成長と睡眠時間の関係、髪の毛を育てる!
規則正しい生活習慣は、髪の毛にも良い!

 

ハゲる前にできること

私たちはAGAのスイッチが入るまで指を加えて待っていることしか出来ないのでしょうか?前述しましたが、そんなことはありません。

 

答えは、「NO」です!

 

現在の医学では、AGAが発症しないようにするためには、男性ホルモンDHTの分泌をコントロールする事です。このためにはプロペシアを服用することが一番効果的です。ただし、ハゲてもいない人がAGA治療することは出来ませんし、する必要もありません。

 

プロペシアを服用するには、医師の処方箋がないと購入することができません。

 

 

つまり基本的には医師から、「はい、貴方はAGA!」と言われて飲む薬になります。

 

ただし、AGAは非常にその判断が難しい物になります。自分ではAGAでは無いと思っても実際はAGAであるということもあります。つまり自己判断は危険ということなのです。

 

「はい、貴方はAGA!」と言われた時点では、少々遅い場合もよく見られます。

 

ベストなタイミングで飲みたいところですが、このベストなタイミングは誰にもわかりません。医師でさえ、「うーん、、、取り敢えず飲んでおきましょうか?」という感じです。AGAの判断は、目視によるものがほとんどです。

 

将来に対して恐れや恐怖がある方は、まずは無料のカウンセリングができるAGAクリニックに相談してみると良いでしょう。ひょっとしたら、プロペシアを処方してくれる場合もあるかもしれません。まずは、心の不安を払拭するために病院に行くことが重要なポイントです。

 

無料カウンセリングできるクリニック

>>ヘアメディカル
>>湘南美容外科クリニック

 

自己チェックも重要

不安がある人は、日々のヘアチェックを怠らずに行うと良いでしょう。AGAが発症する「まさにその時」、をいかに速くキャッチするかが重要なポイントに成りますので、ヘアチェックは怠らないようにしましょう。

 

また、自分がいずれ薄毛になるという予測についてはAGA遺伝子検査や親族に薄毛の人がいるかのチェックである程度予測ができます。

 

 

もっとも良い予防法は何か?

 

 

と問われると、やはり常日頃から髪の毛のボリュームや髪質をチェックする事になります。

 

出来れば2ヶ月位の単位で定期的に、ハリ、コシ、髪の毛の密度、毎日抜ける抜け毛の量などを確認しておくといいでしょう。

 

そして、

 

少しでも「おや、変だな」、

 

「ちょっとマズイかも。。。。」、

 

「まずい感じがする。。。」

 

と感じたら医療機関に診てもらいましょう。何故かと言うと、AGAは治療開始が早ければ早いほど良いとされているからです。(薄毛は早期発見早期治療がgood!

 

出来れば薄毛になった時のために、近くのAGA治療クリニックがどこにあるのかくらいチェックしておくと対処が素早く出来るのでよいでしょう。

 

全国のAGA治療医一覧

 

育毛剤という手もある

事前にできることの一つに育毛剤を使用する手もあります。

 

プロペシアは、予防として有効に作用しますが、一方でその副作用も気になるところです。副作用に関しては、極まれに出る程度なのでほとんど気にしなくても大丈夫だと思いますが、気になる方は控えたほうが良いでしょう。

 

育毛剤にも相性があり、効果の無いものもあれば効果が期待いできるものもあります。人気の育毛剤は、無添加育毛剤でチャップアップという育毛剤です。育毛剤は薄毛になってからでは、回復への作用があまり期待されません。

 

ハゲる前にこそ良いと言われていますので、

 

 

「将来心配だ・・・・」

 

「でも病院は行きたくない・・・」

 

「AGAクリニックやカウンセリングは恥ずかしい・・・」

 

 

といった方は、育毛剤で薄毛予防してみても良いかもしれません。しかし、効果はAGA治療と違い医師というパートナーがいません。誰も効果については確認してくれませんので、自分でしっかりセルフチェックを行いましょう!

 

ぶっちゃけ何が一番?

薄毛の原因である男性ホルモンの分泌量は、個人差があるので極論を言うと予防のしようがありません。あえて予防するというのであればやはりプロペシアのAGA発症前の事前服用が一番効果的でしょう。

 

ただしこれだと、本当にAGAになったのかが分かりません。

 

毛髪量はほとんど同じ量が維持されるからです。もしAGAでないければ薬代の無駄使いにしかすぎません。確実にAGAの確証が知りたければ、やはりそれなりの抜け毛やAGAらしい症状を実感するかAGA遺伝子検査を行うことが確実です。

 

 

一方、AGAは男性ホルモン以外の要因でも起こりえるとされていますので、その要因については予防対処すべきだと思います。

 

出来ることはやりましょうと言う感じですね。

 

一つの例としては、ストレスや生活習慣、喫煙、食事内容、飲酒などです。これらは健康にも直結する要因でありますが、薄毛の予防と切り離してでも健康的な日常を送る上で日頃注意しておきたい項目であります。

 

 

ぶっちゃけですが男性の薄毛の原因は、やはりDHT(男性ホルモン)によるところが大きな要因です。

 

  • 絶対ハゲたくない!
  • ハゲの期間すら許せない!
  • ハゲなんて耐えられない
  • 禿げるくらいなら死んだほうがマシ!

 

こんな人は、ハゲてもハゲなくても恥を忍んでAGAクリニックに行きましょう。無料カウンセリングですべて話して不安を払拭しましょう。不安を残したままでは、ストレスを蓄積するだけです。安定した生活を過ごすことは出来ません。

 

特に親身に話を聞いてくれるクリニックは、ヘアメディカルです。全国で初めて毛髪治療専門で治療を開始したパイオニア的なクリニックですので心強いサポートをしてくれるでしょう。

 

 

AGA治療薬は、あくまでも症状がではじめた時に飲むのがベストタイミングであると思います。そのためにも日頃のヘアチェックを怠らないようにしたいものです。髪に良い事は健康にもいいことです。まずは、自分の生活の中で出来る事を初めましょう。

 

AGAを改善する食事内容

 

「日本初頭髪治療クリニック」

↓↓WEB無料相談はコチラ↓↓

>>「ヘアメディカル」公式HPはこちら<<
ヘアメディカル新LP

 

インターネット予約はコチラ

ルネッサンス_悩み系

 

業界最安値に挑戦!月3,400円から
↓↓WEB無料相談はコチラ↓↓

>>「AGAスキンクリニック」公式HPはこちら<<


AGAスキンクリニック

 

銀クリAGA.com

育毛剤で予防?

育毛剤を使用してAGAを予防するという選択も考えられますが、この選択は正しいのでしょうか?育毛剤を完全否定することはできませんが、薄毛治療において医学的に十分な根拠がない製品があることも事実です。これは、これからAGAを予防しようと考えている方や既にAGA対策を試みている方に理解してほしいことなのですが、日本皮膚科学会という学会がAGA診療ガイドラインというものを発表しています。

 

このガイドラインによると、発毛効果に関する良質の根拠があるものと、そうでないものを5段階に区分しています。この中で、十分な根拠のあるものとして上げられているのがフィナステリドとミノキシジルなのです。言い換えれば、この2つ以外の成分に関しては十分な根拠が無いとされています。これはFDA(米国食品医薬品局)も同じ見解を示していてFDAがAGAに有効な治療薬として認可しているのはフィナステリドとミノキシジルのみなのです。

 

薬局で売られている育毛剤も効果のあった人もいれば効かない人もいるでしょう。薄毛に万能薬は存在しないからです。育毛剤を選ぶ時は、「どのような成分のものが含まれているか」や「実際使用してみて効果があったのか」を自分自身で判断しないといけません。ここが重要になります。

 

AGA治療は専門の医療機関で!

薄毛は黙っていても治りません!

生活習慣の改善を始めとする運動療法や食事療法、睡眠療法などの効果を否定するわけではありませんが、期待するほどの効果はないと言われています。


これらの予防方法は、専門院で行う治療を前提としています。生活習慣だけで薄毛が改善する可能性は低いと言っていいでしょう。薄毛改善をするなら医療機関での治療を開始すべき時代です。


薄毛は早期の治療が明暗を分ける病気です。少しでも気になり始めたり、抜け毛が多く感じたり、知人に指摘されることがあれば、それは治療開始の「シグナル」と捉えていいかもしれません。まずはAGA専門院に無料相談してみましょう。薄毛、抜け毛は病院で治す時代です。



 

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報