AGA治療費用の比較

作成日:2013/09/01

更新日:2016/09/25

 

生涯のAGA治療費用

薄毛治療費

AGA治療は継続的な治療(内服薬の連続投与)を行ってこそ髪の毛の安定的な維持が出来る治療です。

 

しかし、現在日本ではその治療費に対して健康保険が適用されません。AGA治療は美容医療とみなされているため全額自己負担で治療するのが原則です。

 

つまり非常に高額な治療費がかかる訳ですが、この治療費を今より安くしたい!

 

と考えるのは普通の考え方です。

 

>>ぶっちゃけ、薄毛治療の費用っていくら?一生薬を飲むって、、、どれくらいの金額になるのか調査しました。

 

現在のAGA治療は、主にプロペシアの服用とミノキシジルの塗布です。一旦、AGAを発症する基本的に完治することはありませんのでこの治療を毎日行わなければなりません。治療を継続すれば髪の毛は維持できますが、治療をやめてしまえば再び脱毛は進行していきます。長い人生です、継続すればそれなりの治療費がかかります。

 

このカテゴリーでは、AGA治療に関する治療費について比較検証したページです。是非皆様のAGA治療の参考になれば幸いです。

 

比較記事一覧

 

近年の薄毛治療AGA料金の動向

薄毛治療費

プロペシアの販売歌詞から10年が経過しました。2012年位までは、プロペシアの価格が各クリニック横一閃でした。おおよそ10,000円がプロペシア市場における一つの相場でした。

 

しかし、近年この価格に変化がありました。

 

2014年ころから徐々にプロペシア価格が下落しはじめました。その背景には、薄毛治療市場における、顧客の争奪戦があったと思われます。メインとなったクリニックは、AGAルネッサンスクリニックAGAスキンクリニックでした。

 

この2クリニックが主導してプロペシアの価格競争を繰り広げてくれたため、プロペシア1万円!の価格帯が一気に下落していきました。

 

そして2015年春に、プロペシアのジェネリック医薬品が大手ファイザー販売された当たりを起点にその他のクリニックも下落傾向に変化しました。2016年1月時点では、国内で最も安いプロペシアは、6,400円にまで下落しています。ジェネリック医薬品に関しては、5,900円です。

 

(※2016年10月現在では、更に価格が下落しファイザーフィナステリドで4,400円、沢井製薬のジェネリック医薬品で4,500円が国内最安値になっています。)

 

 

これからもジェネリック医薬品は下落すると予想されます。

 

AGA患者にとっては負担が軽減されて非常にいい時代になったのではないでしょうか?

 

これだけ価格が下がれば、育毛剤でハゲ回復を目指すよりもフィナステリドの内服によって改善を目指したほうが安上がりです。今既に薄毛で悩んでいる人は、是非すAGA専門クリニックで薄毛の治療を開始しましょう!

 

育毛剤よりも安いですから!

 

>>ここが安い!地域別、AGA治療クリニックの一覧!薄毛専門クリニックでハゲとサヨナラ!

 

インターネット予約はコチラ

ルネッサンス_悩み系

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報