AGAの治療

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

記事公開日:2015/12/10

最終更新日:2016/10/19

 

目次

 

 

薄毛の直し方

AGA治療には様々な方法がありますが、近年もっとも効果の上げている薄毛治療の一つにAGA治療薬を内服する方法があります。この飲む発毛剤とも言われる内服薬を一日一回服用することで薄毛の原因と考えられている、男性ホルモンDHTを抑制する効果があります。

 

この薬は、医師の処方箋が必要な治療薬です。医療機関で診察を受けてから購入することになります。

 

またそれ以外では、ミノキシジルと呼ばれる血管拡張作用のある成分を直接頭皮に塗布する方法があります。症状の深刻度合いによっては、これら両方を実施する方法があります。両方を同時に行うことで、より効果を高めることが出来ます。治療方法については、医師と相談して進めることになります。

 

現在この2つが医学的にエビデンスの取れた治療法です。

 

AGA治療薬は、本来前立腺ガンの治療薬として開発されたましたが、開発過程で偶然にも副作用が異常発毛が起きたことから発毛剤としての用途に用に広がりました。

 

代表的なAGA治療薬は、プロペシアと呼ばれるもので主成分はフィナステリドです。このフィナステリドは、AGAの主原因と言われるDHTを生成する原因物質(5αリダクターゼ)を阻害する作用があります。(AGAの詳しいメカニズムはこちら⇒AGAと脱毛の仕組み

 

プロペシアを飲むと治る?

AGA治療薬を飲むとどうなる?

AGA治療薬を服用することによって薄毛ハゲの原因とされている男性ホルモンが抑制されますので薄毛の進行が止まります。結果、成長できずに細くなった髪の毛は次第に太くなり薄毛が目立たなくなります。

 

効果が現れるのは、個人差がありますが六ヶ月間程度の服用で効果を実感する人が多いようです。販売元のMSD社も、最低六ヶ月間以上の服用を推奨しています。完璧に回復するには、どの段階で治療を開始するかにも左右されますので、一概にはいえません。また、飲み続けなければ効果は維持できませんので、基本服用し続けなければならない薬ですので、維持費も発生することも頭の隅に入れておくといいでしょう。

 

稀に服用初期に大量の脱毛を伴う、いわゆる「初期脱毛」と呼ばれる症状が出ることがありますが、多くは一時的なもので次第に収束すると言われています。初期脱毛は、乱れたヘアサイクルが正常化している状況であるとも言われています。

 

今では、多くのAGA患者が薄毛の進行抑制や薄毛・抜け毛の改善効果が現れている薬として認知されています。そして現在最も効果的な治療法として確立されています。しかし残念ながら、根本的な解決策ではありません。AGA治療薬の服用を停止するとまた脱毛が進行します。つまり薄毛の進行を遅らせる事、現在の毛髪量を維持させる治療法と捉えましょう。

 

これに対して、髪の毛を生やすための治療がミノキシジルによる治療になります。フィナステリドは、抜け毛にブレーキをかける。ミノキシジルは発毛のアクセルを踏むと覚えるとよいでしょう。

 

AGA治療を受けるにはどうしたらいいのか?

AGA治療薬処方

では、実際にAGA治療を受けるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

知り合いが既にAGA治療を受けて、あなたに情報を提供してくれれば治療開始については、特に疑問を持たないでしょう。しかし薄毛やハゲは、非常にデリケートな問題ですからAGA治療をオープンに出来る人はそれほど多くはありません。まったく情報のない人は、「なにをどうすればいいのか?」などの疑問点が多いいでしょう。

 

まず、「AGA治療を開始したい!」と思い立ったら近くにあるAGA治療クリニックを探しましょう。基本的には、皮膚科であればAGA治療薬を処方してもらえるので皮膚科でOKです。

 

しかし、出来ればAGA治療専門のクリニックのほうがより効果の高い治療を受けられるでしょう。皮膚科はあくまでも皮膚科で、薄毛以外の皮膚に関する治療を全般的に行います。対してAGA専門クリニックは、薄毛だけに特化した治療を行いますので薄毛治療専門の医師がいます。

 

専門の医師を探すことは重要なことで、基本AGA治療は医師とマンツーマンで行います。これは、医師の処方がなければ入手できない薬だからです。担当の医師が定期的に、髪の毛のチェックをしてくれるので第三者による進行状況が確認できます。自分で進行状況を把握するのには限界があります。また、自分で見るチェックは甘めになってしまいます。

 

もし、担当の先生が定期的に写真を見て分かりやすくカルテを作成してくれたら非常にいい先生だと思ってください。

 

では、どこでその「専門医師」を見つければいいのでしょうか?どの医療機関に行けばいいのでしょうか?一般的に、抜け毛や薄毛は体質的な問題捉えられ、病気とは捉えていない医師が多く、ほとんどの皮膚科医がAGAについて学んだいないのが現状と言われています。知識を持っている医師が少ないのが現状です。

 

総合病院でAGA治療を受けるなら、皮膚科、整形外科、内科などです。しかし、しっかり見てもらいたい、しっかり質問して受け答えてほしい方は専門のクリニックに通うほうが良いでしょう。逆に、プロペシアでは効果を実感できなかった方は、HARG治療自毛植毛を行える専門院を探すのも良いでしょう。

 

今では、一般の病院よりもAGA専門クリニックの方が治療費が安いケースがほとんどです。特に大手のAGAクリニックでは、AGA治療薬の価格が一昔前に比べて格段に安くなってきています。また、AGA治療薬の種類についてもジェネリック医薬品を扱っているクリニックもあれば、そうでないクリニックもあります。

 

ジェネリック医薬品のほうが治療費を抑制できるので患者側にとって見ると非常にメリットが有ります。AGA治療は長期戦ですので、対応や通いやすさ治療費など納得できる医療機関を選ぶのも需要な要素です。

 

格安AGA治療医院の検索はこちら
HARG治療専門院はコチラ

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加     

 

人気の薄毛治療クリニック

どのようなクリニックが人気で良質のクリニックかと言うことですが、

 

それは、以下の点に担ってくると思います。

 

しっかり症状や悩みに話を聞いてくれる

薄毛治療の前後について納得行く説明をしてくれる(写真撮影)

AGA治療薬の説明をしっかりしてくれる

AGAについて様々な情報を提供してくれる

 

 

特に、治療前治療後の写真撮影は客観的に治療結果を確認できると要素としてはとても重要なポイントです。

 

写真撮影をしかっりしてくれるクリニックは、あまりありません。

 

だいたいのクリニックは、ポンと薬を処方して終わりです。

 

 

その中で数少ない写真撮影や生活習慣移管して指導してくれるのクリニックがヘアメディカルグループです。このクリニックは日本で初めて薄毛治療専門で開業したクリニックとしても有名です。

 

治療費用は若干高めですが、患者一人一人のことを思ってくれる良心的なクリニックです。

 

それは治療にも現れます。患者一人一人にあったオーダーメイド治療を提案して、薄毛改善へと導きます。

 

これからAGA治療を受けようとする方にはおすすめのクリニックです。

 

「日本初頭髪治療クリニック」

↓↓WEB無料相談はコチラ↓↓

>>「ヘアメディカル」公式HPはこちら<<
ヘアメディカル新LP

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報