ハゲ予防育毛剤

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

作成日:2016/10/30

更新日:2016/10/30

 

薄毛予防

目次

 

いつから使う育毛剤

育毛剤って以外に高いですよね!

 

高いものだったら、一月に1万円くらいするのではないでしょうか?

 

 

そして育毛剤っていつから使っています?!?

 

あまり早くから、ハゲてもいないのに使用したらお金ばっかりかかってもったいないですよね。

 

 

多分多くの人は、「あれ・・ヤバイ・・かも?」

 

 

と思ってから育毛剤を使用し始めるでしょう。

 

でもその時って実は少し遅かったりします。

 

これはよくある表の一つなんですが、以下のハミルトンノーウッド分流によるとハゲは分類Uくらいからハゲと言われるでしょう。

 

ハミルトンノーウッド分類ハゲ

 

早い人だと、Uの段階に達した時点で育毛剤を使用し始めるでしょう。

 

でも遅いんですよ・・・この段階では・・・

 

はっきり言って、治療レベルですのこの段階は!

 

 

ほんと、育毛剤をいつ使用するかって難しいですね・・・

 

できればTレベルとUレベルに移行する段階で使用するのが良いでしょう。ですがそのタイミングを図るのはかなり難しいでしょう。

 

結局、Tレベルで使い始めるのが無難といえば無難になります。

 

オススメの育毛剤

少し話しがずれましたが、これは私の持論ですが育毛剤はハゲてから使用するのではなくハゲる前に予防的に使用したほうが良いでしょう。

 

但し残念なのが、いつハゲるかわからないのが悔しいところでもあります。

 

 

ハゲてから行う行動は、「治療」です。

 

ハゲてから育毛剤では、もう太刀打ちできません。育毛剤に無駄なお金は使用しないようにしましょう。

 

はっきり言って無駄金ですから。

 

 

危なかっしい人は最初っからプロペシアを飲んでおけばいいじゃん!と言う意見もありますが、それはそれで正解じゃないかなと思います。育毛剤は、正直効果がよくわからないのでお金の無駄かなとも思います。しかし、中には効果のある育毛剤もあると思うので完全否定するものではありませんが・・・・

 

私は、どちらかと言うと初めからプロペシアを飲んで予防するのが良いと思いますが、そもそも髪の毛がボーボーの人がプロペシアを処方してくれるわけがないので、結局は育毛剤で薄毛スイッチが入ってしまう日まで耐えるしか無いのかもしれません。

 

病院によってはプロペシアを処方するクリニックもあるかもしれません。

 

それはもう医師の判断としか言い様がないのですが、基本はハゲてもいないのに処方はされないでしょう。

 

 

そういった時に使用するのが育毛剤と考えておいたほうが良いでしょう。

 

オススメは、厚労省も認定しているチャップアップです。本当に生えるかどうかはわかりませんがネットでの評判はまずまずです。

 

チャップアップの口コミ

チャップアップを使い始めて三本目になりますが、少し髪にコシとハリが出てきたなという感じがします!抜け毛は減ったような気がします。もう少し効果は出るんじゃないかなと期待しつつ気長に続けてみようと思います。

 

返金保証があるので思い切って試してみました。
人によって効果が違うみたいですが
僕の場合は効果があったのか排水溝にたまる量が
少なくなりましたね。

 

・髪の毛にコシが出てきた
・以前に比べて抜け毛が少なくなった
・髪にコシが出てきて太くなったように感じた
・徐々に地肌が目立たないようになってきた

 

成分を見た限り、発毛効果の期待できるものではないですね
現状維持がいいところの育毛剤です
また、これを使用するくらいならマルチビタミンミネラルのサプリメントとプロテインでも飲んで、毎日頭皮のマッサージをした方が育毛効果は高いと思われます
また、価格の割に効果は実感できないでしょう
発毛効果を期待するのであれば、リアップやロゲインの方が効果はあると考えられます

 

口コミは様々ですが、調べた中では、まずまず効果あると言った感じです。返金保証もあるので試しに使ってみるのはありかもしれません。

 

チャップアップ

 

育毛剤は何歳から

人によります!

 

若くてもハゲる人はハゲますし、ハゲない人はハゲません。

 

割合的には、若い人はハゲない人の方が多いいですが

 

「自分は20代前半だから絶対大丈夫!」

 

とは言えません。

 

 

むしろ何歳から育毛剤!と言うよりは、抜け毛が目立ち始めてたり、ほんの少し微妙な変化があったタイミングが正にその時のような気がします。

 

 

とにかく、少しでも抜け毛が多い時、

 

少しでも違和感や変化を感じた時、

 

朝起きたら枕に髪の毛が多くある時、

 

には使用開始すると覚えておきましょう!

 

 

これらの症状が継続して現れる時は、AGAの入り口に差し掛かっている可能性が高いです。

 

本当は入り口の前になんとかしたいところですが、その判断は難しいのが現実です。

 

ですので、育毛剤を使用するとしたらこのタイミングでしょう!

 

 

ひょっとしたら勘違いかもしれませんが、勘違いなら勘違いでもいいじゃないですか!

 

 

悪い勘違いでハゲてしまうよりは!

 

育毛剤の注意点

育毛剤の注意点ですが、効果がなかったり薄毛がさらに進行してしまったらすぐに使用を中止することです。

 

目安としては、三ヶ月くらい長くても半年使用しても抜け毛の量が減らなかったり、薄毛が進行するようでしたら、その育毛剤は諦めましょう。

 

もう既にAGAスイッチが入ってしまっているかもしれません。育毛剤では太刀打ち出来ないのでAGA専門病院に切り替えたほうが懸命です。

 

 

また、頭皮がかぶれたり荒れるような症状が起きたときも直ぐに使用をやめましょう。いくら髪の毛が生えてきても頭皮の状態を悪くするようでは意味がありません。

 

あくまでも育毛剤は、薄毛を治すよ言うより薄毛になる前の段階で薄毛を食い止める感じが良いでしょう。薄毛はあくまでも最終的にAGA治療で治すものと頭の隅に入れておきましょう。

 

AGAに関しては、専門クリニックのなかの専門院ヘアメディカルグループが親切丁寧説明で初心者に人気です。

 

「日本初頭髪治療クリニック」

↓↓WEB無料相談はコチラ↓↓

>>「ヘアメディカル」公式HPはこちら<<
ヘアメディカル新LP

夫がハゲ予防のため、育毛剤マニアで困ってます!関連ページ

ホップ、ステップ、プロペシアで予防!
AGAになる前にプロペシアを飲んどけば!?と考える人は多いはずです。そうすれば、薄毛の期間を限りなくゼロにできるからです。でも実際にそんなことは可能なのでしょうか?

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報