AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

作成日:2013/09/29

更新日:2017/01/04

 

目次

 

 

遺伝子検査でAGAを察知!

AGA遺伝子検査

 

最近、抜け毛が多いかな??

 

ボリュームも少なくなったな??

 

セットが決まらなくなったな??

 

こんな症状を感じたらAGAかもしれません。AGAとは男性特有の薄毛症状のことで、男性型脱毛症とも呼ばれます。2010年代に入ってからCMでもやるようになったので「AGA」と言う言葉は聞いたことがある人も多いでしょう。

 

AGA=薄毛ですね。

 

 

このAGAですが、若い人でもAGAになる場合があります。どれくらい若いかというと20代でもAGAに悩んでいる人もいます。薄毛の症状がすべてAGAとは言いませんが、殆どの男子の薄毛はAGAと言ってもいいでしょう。

 

 

ひょっとして自分て若ハゲかも?薄毛かも?AGAかも?

 

ヤバイかも???

 

と感じたら、自分がAGAかどうかの検査を受けてみましょう。

 

AGA検査は、医療機関へ行って検査する事が一般的ですが、今では検査キットを使用して行うことも出来ます。

 

基本的には、病院で行います。

 

AGAの検査とは

自分がAGAなのかを確認するのは非常に簡単です。

 

どこの毛髪専門病院でもそうですが、AGAは、基本的に目視で判断します。

 

どこを見るのかというと、頭頂部と生え際です。AGAは特徴的なハゲ方をするのが分かっています。特徴的なハゲ方とは、ハゲ始める場所が決まっていることです。街中を歩いていたら分かると思いますが薄毛の男性は、頭頂部(つむじ、てっぺん周辺)からハゲるパターンと、額から薄くなり交代するパターンに別れます。

 

最も残念なのは、この両方とも同時に起こってしまうパターンです。

 

 

つまり、AGAの症状であればどこからハゲるのか、もう分かっているのです。

 

だから医者は、まず頭頂部や生え際をガッチリ見てきます。この時点でテカリや地肌が見えたり、うっすらしていた段階で、

 

「はい!AGAです!」

 

と診断されるのです。

 

 

「明らかに薄い状態とか、毎日の抜け毛が大量である」等の場合は、AGAの初期段階である可能性が高いです。

 

最終的なAGAの判断は、医師が行いハゲと認定する。ハゲ宣告をしてからAGA治療薬を処方する流れになります。

 

 

この程度で検査は終わります。

 

ですから医師でなくてもAGAであるかどうかは、ある程度判断できるのです。明らかに頭頂部が薄い状態や、生え際が後退してM字にハゲげてた。これくらいは自分でも分かることでしょう?

 

そうおもいませんか?

 

むしろ、髪の毛の状態を気にしている時点でAGAであると疑ってもいいくらいです。

 

 

薄毛はゆっくり進行するため自分ではなかなか気が付きにくいものです。

 

気がつくまでは心も平穏ですが、一旦ハゲを気になりだすと

 

ずーと気になりっぱなしです。

 

 

こういった観点から言うと、薄毛を意識した時点でAGAであると言ってもいいかもしれません。

 

ちなみに、AGA遺伝子検査というものがありますが、この検査をすればAGA治療した時に服用する薬がどれだけ効果を発揮するかが事前にわかります。

 

>>AGA治療開始前の遺伝子検査はプロペシアの効き目を予測できる

 

AGAを事前確認

 

AGAは早期治療が重要です。飲み薬であるプロペシアやフィナステリド錠の服用をすることで、薄毛の進行を食い止められます。これらの薬がどれだけ有効に効果を発揮するかを調べることが出来るのが、AGA遺伝子検査です。

 

  • 「俺まだ、ハゲていない。」
  •  

  • 「チョット微妙なんだよな・・・・・」
  •  

  • 「ハゲたけど薬が効くか心配だ・・・・」
  •  

  • 「多分AGAだ!でも本当にAGAか確信が持てない・・・・」

 

 

そういった人は、一度AGA遺伝子検査を受けると良いでしょう。

 

AGA遺伝子検査

実際AGA治療しても内服した薬が合わないで薄毛が進行し続けるパターンもあります。

 

これから飲む薬が本当に大丈夫なのか?

 

AGA治療薬が実際に効果があるのか?

 

どの程度効き目があるのか?

 

前述しましたが、これらを確認する方法があります。

 

 

これをフィナステリド感受性試験(AGAチェック)と言います。AGAは遺伝の影響が大きな要素ですから遺伝子検査を行うことで、まだハゲていない人でも将来ハゲる可能性があるのかを知ることが出来ます。

 

メリット
  • 薄毛の原因がAGAであるかどうかを確認できる。
  • AGAであることを確定すれば治療法が定まる。
  • AGAチェックは一生に一回でOK!

 

検査時間について

口内の粘膜を採取して検査を行います。

 

このため痛みなどは非常に限定されます。ほぼ無いと行っていいでしょう。AGAチェックはCAG・GGCという塩基の反復数を見ることでフィナステリドの効き目を予測できます。この検査の判定には、約一ヶ月かかります。

 

AGA治療は基本的に長期に渡るものです。治療を開始する前に効果を確認することで安心して治療を開始することが出来るのもメリットのひとつです。

 

 

検査はAGA専門クリニックで行うのが一般的ですが、今では検査キットで行うことも出来ます。しかし、粘膜の採取方法などわかりにくい部分や誤った採取方法で正確な検査を行えない場合もあります。

 

出来れば頭髪専門クリニックで行ったほうが確実です。

 

 

費用に関してはクリニックによって異なりますが、ルネッサンスクリニックだと20,000円で行うことが出来ます。検査キットの場合は12,600円から実施できます。

 

もしAGAチェックを受ける場合、その後の治療でプロペシア等を購入することを考えれば、はじめからクリニックに行くのもひとつの手でしょう。

 

手間が省けますので。

 

AGA遺伝子検査の出来るクリニック

 

AGAリスク遺伝子検査

更に詳しい検査があります。

 

AGA治療は、一般的に内服薬と外用薬の併用で行います。

 

 

この際、内服薬には2つの薬があります。

 

一つは、プロペシアと呼ばれる薬です。この薬はフィナステリドと呼ばれる成分から構成されている薬で、AGA治療において最も一般的な薬です。

 

もう一つは、ザガーロと呼ばれる薬です。この薬は、2016年に販売開始された比較的新しい薬です。主成分が、デュタステリドと呼ばれる成分で構成されています。ザガーロのほうが、プロペシアよりも強力な薬と言われています。その分副作用も強く出る傾向にあります。

 

 

AGA治療と言っても、個人個人に合う薬を提供して効率よく結果を出していかなければなりません。

 

このため、その人にとってどの薬がベストなのか、医学的に検査した上で治療するのがヘアメディカルクリニックです。

 

 

以下、ヘアメディカルグループのホームページにAGAリスク遺伝子検査に関して記載されている内容です。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因には5αリダクターゼという酵素が深く関わっており、この酵素がDHT(ジヒドロテストステロン)を産生します。

 

このDHTは毛乳頭細胞などに存在するアンドロゲンレセプターに結合し、周りの細胞に毛根を強力に萎縮させてしまうシグナルを発信して、脱毛が起こると言われています。
この検査は、それらに関連する遺伝子の発現強度を調べて、男性型脱毛症との関係をみる検査です。

 

この検査の結果により、5αリダクターゼT型とU型を阻害する「デュタステリド」を使用した方が良いか、あるいは5αリダクターゼU型を阻害する「フィナステリド」を使用した方が良いのかが分かります。また、今後AGA(男性型脱毛症)になるリスク(可能性)も知ることができます。

 

※AGAリスク遺伝子検査は、ヘアメディカルグループのみが実施できる検査で、聖マリアンナ医科大学と当グループクリニックが他医療機関に先駆けて実施する最先端の検査です。

 

ヘアメディカルより引用

 

 

ここまでガッチリ検査しているクリニックは、ヘアメディカルだけです。

 

少々やり過ぎ感はありますが、正に日本の先端と言ってもいいでしょう。

 

とことん、ガッチリ薄毛を治すたい方におすすめのクリニックです。

 

 

東京、名古屋、大阪、福岡に病院があります。

 

「日本初頭髪治療クリニック」

↓↓WEB無料相談はコチラ↓↓

>>「ヘアメディカル」公式HPはこちら<<
ヘアメディカル新LP

AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット関連ページ

リアップx5ネット通販
大正製薬から販売されているリアップx5はミノキシジル濃度5%の第1類医薬品です。現在では楽天をはじめとするネット通販で購入することが出来ます。
濃密育毛剤ブブカ(BUBUKA)
ブブカはM-034濃密エキスが含まれた育毛シャンプーです。今ならお得な定期購入コースや安心できる全額完全返金保障付きで購入できます。

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報