AGAとは

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

AGAとは?

記事公開日:2015/06/13

最終更新日:2016/11/03

 

目次

 

 

AGAとは?

AGAは、男性型脱毛症と呼ばれており成人男性に現れる特有の脱毛症です。

 

この病気の症状は、30〜50代の中年男性を中心に多くみられ、頭頂部が薄くなるタイプと前髪が後退していく症状が主なケースです。またこの2パターン同時に進行する場合もあります。

 

薄毛や抜毛の症状に悩む男性は、その多くの場合がこのAGAであると言われています。AGAは、我が国の中で約1,260万人いるといわれており、髪の毛のヘアサイクルが乱れる事でこのような薄毛症状が進行します。

 

AGAの原因は、DHTと呼ばれる男性ホルモンが関与している事が解明されています。AGA患者は、徐々に薄毛が進行していき、何もせずに放置すると確実に髪の毛は薄くなり復活する事はありません。

 

 

円形脱毛症などは、自然に治る場合もありますが、AGAは違います。AGAは進行形の脱毛症と言われています。放置していれば放置しているだけ薄毛は進行します。できるだけ早めの治療が重要になってきます。

 

 

しかし、現在ではその進行を抑止するための薬があります。その薬によって、多くのAGA患者に改善効果が認められています。

 

 

髪の毛がなくなってから治療を開始するよりは、ヤバくなりはじめた状態(初期段階)から治療を開始することが髪の毛のボリュームを維持する上で効果的です。薄毛治療は早期発見早期治療が重要なポイントなのです。

 

早めにAGA症状を認識する事と早期の対処が、その後の進行状況に大きく影響します。出来るだけ早くAGAの症状を認識するため、日ごろの髪の毛の状況を把握する事がもっとも有効なAGA処置法といえます。

 

>>「ヘアメディカル」公式HPはこちら<<
ヘアメディカル新LP

 

AGAの歴史

時代は紀元前400年までさかのぼりますが、古代ギリシャのヒポクラテクスと言う人物が男性型脱毛症(AGA)を発見したと言われています。ヒポラテクスは、『奴隷にハゲはいない』と記してお入り、ハゲる原因を睾丸にあると考えていたのが始まりでした。

 

次に男性型脱毛症を唱えた人物にアリストテレスがいます。

『すべての動物のうち、人がんはもっとも著名に剥げやすい動物である。そして興味深いことに、思春期以前にハゲる男性はいない。性行動を有する男性はハゲる。女性は子どもと同じように精子を分泌しないのでハゲない。奴隷もまたハゲない、睾丸がないからである。奴隷は幼少期に去勢すれば、成長してからも体毛が全く生えず去勢前に体毛を有していれば陰毛のほかは脱落する。女性も同じく陰毛以外毛は新たな新生をみない。』 byアリストテレス

と記していて、男性は睾丸があることでハゲたり体毛が濃くなったりすると唱えていました。

 

 

時代は、1900年代まで進み、ようやくハゲには男性ホルモンが関係していることが分かりました。米国のJ・B ・ハミルトンという人物が男性ホルモンの実験を行い以下の様な発表をしました。

男性型脱毛症はテストステロンが原因で発生するが、ハゲる原因は家系的に遺伝している。ハゲるかどうかは血液中のテストステロンレベルにかかわらず、毛包のテストステロン感受性に左右される。 byハミルトン

 

更に時代は進み、1960年代に入り男性型脱毛症にジヒドロテストステロン(DHT)が関与していると示され、更にDHTの生成には5α-リダクターゼが大きく関与していることが判明しました。

 

 

そしてこれらの研究を進めた結果、ついに米国のメルク社が5α-リダクターゼの阻害薬フィナステリドの製造に成功しました。

 

そして、その第一弾として良性前立腺肥大病の薬として「プロスカー」を発売しました。

 

まさにこの販売がAGA治療における第一歩であったのです。

 

 

1997年には男性型脱毛症の薬として米国で「プロペシア錠1mg」を発売しました。

 

日本では遅れること2005年にメルクの日本法人MSD(当時万有製薬)が、国内で初の男性型脱毛症薬として厚生労働省に認可され「プロペシア錠1.0mg」、「プロペシア0.2mg」が発売され現在にいたります。現在では、プロペシアのジェネリック医薬品として、2015年4月6日にファイザーから「フィナステリド錠ファイザー」が販売されています。

 

更に、2015/9/28にはグラクソ・スミスクライン社(GSK)が国内で三番目のAGA治療薬「ザガーロカプセル」を承認取得しました。ザガーロの主成分はデュタステリドで、これまでのAGA治療薬(プロペシア、フィナステリド錠)と異なる成分です。これまでは韓国でしか承認されていない薬でしたが、2015年日本でも承認されました。ザガーロの方が強く作用すると言われ、重度の薄毛患者の方にも効果が期待されています。

 

 

2016年現在では、MSDプロペシアを筆頭に4社からプロペシアのジェネリック医薬品が販売されるにまで至りました。

 

フィナステリド代表製品

プロペシア

フィンペシア

 

主成分フィナステリドが、男性ホルモンDHTに作用し薄毛の進行を食い止めます。プロペシアは、医師の処方箋の元で服用します。しかし自己責任の下、個人輸入で服用することも可能です。

プロペシアの販売元は、米国のメルク社です。日本ではメルクの日本法人でMSDという会社が販売しています。

 

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品で、インドのシプラ社が製造販売しています。日本では販売されていませんが、自己責任の下個人輸入で入手する事が可能です。

特徴は、非常に安価でプロペシアと比較すると半値以下で購入できる場合もあります。

※正確には、フィンペスアはジェネリック医薬品ではありません。

 

プロペシアでAGA治療をご検討の方は、個人輸入代行業者を利用して安く手に入れることも検討していると思います。しかし、安全が確認されたものではなく、健康被害の報告もあると厚生労働省から注意喚起されています。

 

今では、ファイザーフィナステリド錠(ジェネリック医薬品)の登場もあり価格競争が進んでいます。国内で処方される、プロペシアやフィナステリド錠も個人輸入に比べて引けをとらないくらい安くなってきています。リスクを取る金額ではなくなってきていますので、是非国内で安く処方してくれるクリニックに行くことを本サイトではおすすめします。

 

>>地域別AGA治療院検索

 

AGAの判断

では、自分自身がAGAであるかどうかはどのように判断したら良いのでしょうか?

 

実はこの判断が非常に難しいのです。

 

というのも、薄毛というもの自体が自分で気づきにくいからです。

 

 

薄毛に気がつく人の多くは、周囲の人に言われて、「はっ」として気がつくそうです。身近な人に指摘され初めて自覚するのです。たしかに自分自身では目の届かない部分であるために、発見するのは困難です。合わせ鏡で毎日チェックする人などは稀な方でしょう。

 

ましてや自分の顔は、毎日鏡越しに見ていますが毎日みすぎるからこそ麻痺化してそれが普通の状態だと思ってしまうでしょう。

 

 

AGAは病気ですので、最終的な判断は医師がします。しかし、自分でもある程度判断はできるでしょう。AGAである人は共通点が多くあります。以下の項目で該当するものがある人は、AGAかもしれませんので早めの対処をオススメします。

 

 

  • 毎朝セットが決まらない
  • お風呂の浴槽に髪の毛が多く見られる
  • 朝起きたら枕に髪の毛が多くある
  • なんとなく抜け毛が多い
  • おでこが広くなった気がする。
  • 剃りこみが目立つようになった気がする
  • 髪の毛がぺったんこになる
  • 風を感じるようになった

 

このような症状が現れたら、イエロカードと思っていいでしょう!

 

もはや治療段階と考えましょう。

 

「いやまだまだ!」と考える方もいるかも知れませんが、そんなの甘い!

 

早くお医者さんに駆け込みましょう!AGA治療は、AGA専門クリニックがおすすめです!

 

「日本初頭髪治療クリニック」

↓↓WEB無料相談はコチラ↓↓

>>「ヘアメディカル」公式HPはこちら<<
ヘアメディカル新LP

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加     

AGAとは関連ページ

AGAの進行パターン
AGAのはどのように進行していくのでしょうか?AGAの発症する時期や進行のスピードは個人差があり一概には言えません。日常の抜け毛がどの程度なのか把握するしかありません。また、AGAの進行にはパターンがあり、N-H分類というものがあります。このN-H分類に照らし合わすことで現在の状況を把握できるでしょう。
薄毛は早期発見早期治療がgood!
AGAは早期発見早期治療がもっとも効果があると言われています。そのためには、いち早く薄毛状態に気づかなければなりません。日頃の毛をしっかりして行くことも重要です。
結論!ハゲを治す唯一の方法
AGAは男性型脱毛症と言われる男性特有の脱毛症のことです。AGAは男性ホルモンが原因とされており、治療法も存在します。基本的には原因となっている男性ホルモンDHTを抑制するための薬をのむことでかなり改善が見込めると言われています。
男性ホルモンとAGAの関係
男性ホルモンはどのようにして男性型脱毛症(AGA)に関与しているのでしょうか?この項では、AGAメカニズムやについて解説していきます。
フィナステリド効果はいつから出る?
AGAはになった人がフィナステリドを飲むと回復するのは解った。しかし、実際にどれくらいのスピードで改善するのか?そんな気になる改善時期についてまとめました。

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報