薄毛は早期発見早期治療

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

記事公開日:2015/06/13

最終更新日:2016/10/02

 

目次

 

 

AGAは早期発見、早期治療

薄毛早期発見早期治療

AGAは早期発見がもっとも有効な治療手法です。失われた髪の毛を復活させるより、現状の髪の毛を維持するほうが簡単と言われています。

 

しかし、簡単に早期発見と言っても忙しい日常の中では発見できない場合も多くあります。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

最近、若い人でも薄毛になってしまうAGAの低年齢化も話題になっていますが、そうはいっても10代でAGAになるケースは珍しいケースです。やはりAGA患者の多くは成人男性の割合が非常に多いです。

 

統計によるとAGA患者が多くいる世代は、20代後半から40歳代と言われています。全く無視してもいいとは言い切れませんが10代であれば無視してもいいくらいの確率だと思われます。AGAを気にするのは20歳以降でいかもしれません?10代の方で、もしどうしても気になる方であれば、一度自分でセルフチェックをするのもひとつの手です。以下にセルフチェックの方法をまとめてあります。

 

AGAセルフチェック

agaセルフチェック

もし、今は大丈夫だけども親族に薄毛の方々が多くいて不安な方は、定期的に抜け毛や頭皮のチェックを行うと良いでしょう。

 

チェックとは、1ヶ月とか二ヶ月とかの単位で定期的に髪の毛の状況をチェックすることです。半年に一回では、進行してしまっている場合もあるので少々頻度が足りないかもしれません。四半期ごとに髪の毛のセルフチェックをしてみるといいでしょう。親族に薄毛の方がいるということは、自分自身にもその症状がなっても不思議ではないので20歳を越えた当たりから、絶えずチェックするように心がけると良いでしょう。

 

簡単にできるセルフチェックとしては、少々面倒くさいかもしれませんがスマホなどで自撮りする方法です。髪の毛の状況を定期的に撮影することで比較できますので冷静な判断ができます。

 

また、頭頂部であれば合わせ鏡などで自分自身の気になるところをチェックするのも有効です。前髪であれば、髪の毛をかき上げれば毎日の歯ブラシの時にでも見れるので問題ありませんが、頭頂部はそうは行きません。てっぺんを見るためには、合わせ鏡が一番確認しやすいです。お風呂あがりなどの一番はっきりわかりやすい状況で見るとよいでしょう。この時、できれば日記のようなものをつけると良いと思います。方法はそれぞれですが、ブログなんかを利用するのもいいかもしれません。

 

AGAは早期治療が一番

少しでも「薄い…」とか「ボリュームが…」とか「地肌が目立つ」など、と気になるようであれば、それはAGAのサインである可能性が高いです。一度、医療機関に言って無料診断をしてもらうといいでしょう。もしAGAと診断されれば、そこから治療をすぐに開始すれば薄毛の進行は食い止められます。これは、進行してしまってからよりも確実に治療効果が期待できます。失われた毛より、今ある毛を維持するのが簡単なのです。

 

早期治療

薄毛の判断は、非常にシビアです。自分地震では、なかなか判断が難しいでしょう。もし心許せる人がいれば、その方に判断してもらうのも一つの手段です。それが出来ないのならば、AGAクリニックのような無料カウンセリングを実施している所が判断をする上では最も確実だと思います。とにかく自分自身の判断は、”甘くなりがち”です。

 

 

「まだいけるかな?」

 

「まだ大丈夫!」

 

「もう少し様子見かな?」

 

 

などとなりがちです。正直な所、そのように思ったら直ぐにでもAGA治療を開始したほうが良いと思います。AGA治療薬は医薬品のため、最終的には医師の判断で行う医療行為です。自分の判断で、「俺ハゲてきてるから、取り敢えずプロペシア飲もう」という感じで薬局に行っても売っていません。

 

抜け毛の量や、髪の毛のボリュームに疑いが生じたら直ぐに医療機関やAGA専門クリニックに行くことが最もベストな選択になると思います。

 

オススメの格安AGA薄毛無料診断

髪の毛が薄くなってきたらまずは、病院に行って相談しましょう。

 

薄くならなくても将来が心配な人も一度は、相談してもいいでしょう。

 

AGA専門クリニックは、少し敷居が高いイメージがありますが、実際に言ってみるとそんなことはありません。

 

 

まずは、医療機関に行く!これがAGAにおける重要なポイントです。

 

>>ルネッサンスクリニック
>>AGAスキンクリニック

薄毛は早期発見早期治療がgood!関連ページ

AGAとは
AGAとは、思春期以降に起こる体質的な脱毛症です。男性ホルモンの一種である、ジヒドロテストステロン(DHT)が原因で起こるとされており、現在DHTを抑制する薬にフィナステリド剤があり病院で処方を受けることができます。特徴としては、額の生え際部分から後退するタイプと頭頂部から薄くなるタイプがあります。一旦AGAを発症すると継続的に進行すると言われています。
AGAの進行パターン
AGAのはどのように進行していくのでしょうか?AGAの発症する時期や進行のスピードは個人差があり一概には言えません。日常の抜け毛がどの程度なのか把握するしかありません。また、AGAの進行にはパターンがあり、N-H分類というものがあります。このN-H分類に照らし合わすことで現在の状況を把握できるでしょう。
結論!ハゲを治す唯一の方法
AGAは男性型脱毛症と言われる男性特有の脱毛症のことです。AGAは男性ホルモンが原因とされており、治療法も存在します。基本的には原因となっている男性ホルモンDHTを抑制するための薬をのむことでかなり改善が見込めると言われています。
男性ホルモンとAGAの関係
男性ホルモンはどのようにして男性型脱毛症(AGA)に関与しているのでしょうか?この項では、AGAメカニズムやについて解説していきます。
フィナステリド効果はいつから出る?
AGAはになった人がフィナステリドを飲むと回復するのは解った。しかし、実際にどれくらいのスピードで改善するのか?そんな気になる改善時期についてまとめました。

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報