AGA進行パターンとスピード

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

AGAはどのように進行するのか

記事公開日:2015/06/13

最終更新日:2016/11/01

 

目次

 

 

AGAはどのように進行するのか

AGAは進行性の脱毛症です。特に何もしなければ、どんどん薄毛は進行していきます。しかし、AGAの発症年齢や進行スピードに関しては、個人差があり判断が非常に難しいです。

 

一つのポイントとしては、「あれ、俺ヤバイかも…」と思ったら、AGAクリニックなどの無料カウンセリングを利用するといいと思います。

 

また、男女で薄毛の症状に違いがあります。男性の場合、抜け毛が多くなったりボリュームが減ってきたなどの状態に気づいたらAGAを疑うと良いでしょう。

 

目安的には、一日に抜け毛が100本以上あり継続するようであればAGAを疑ってかかりましょう。

 

また、明らかに抜け毛が急激に増えたりした場合もAGAかも??と疑いましょう。一つ言えることは、自己判断しないことです。

 

「ヤバイかも…」

 

と感じたら、直ぐにでも医療機関やクリニック等の無料相談に行って治療を検討しましょう。

 

それでも「自分である程度判断したい!」という方は、以下の図を利用して初期判断してましょう。ただしあくまでも初期判断です。最終判断は医療機関で行いましょう。

 

 

アメリカの皮膚医科ノーウッドは、ハミルトンのAGA分類を整理し以下の様な分類を完成させました。この分類表は二人の名前を取り「N-H分類」と呼ばれ今では世界的に使用されています。以下の頭を御覧ください。

 

ハミルトンノーウッド分類

 

分類表からも分かる通り、AGAが原因でハゲる場合2通りのパターンがあります。

 

M型脱毛

一つは前髪が後退するタイプです。別名ソリコミ型です。コメカミの上部分から進行していき最終的にN-H分類Zまで進行します。進行パターンとしてはUa→Va→Wa→Xa→Y→Zと進んでいきます。

 

O型脱毛

もう一つが頭頂部を中心に薄くなるタイプで、その形からO型脱毛と呼ばれるものです。こちらも放置すればN-H分類Zの段階へ進行していきます。進行パターンとしてはT→Uvertex→Vvertex→W→X→Y→Zと進んでいきます。

 

また、M型とO型の2つが同時に進行していくパターンもあります。何もしなければ、薄毛は進行していきN-H分類のZレベルまで進行していきます。

 

前兆がある!AGAを自覚するきっかけ

日常の生活の中で鏡を見るシーンは多くあると思います。洗顔、歯磨き、髪の毛のセットの時なんとなく鏡を良くみませんか?

 

実はこの鏡を見るタイミングが、AGAであることを自覚する一つのポイントです。

 

しかし、忙しい日々の中ではなかなか気が付かないものです。ましてや朝なんかバタバタして鏡なんかスルーです。

 

AGAは早期の発見が後の治療経過にも大きく影響しますので、「いち早く気づく、自覚する」ことが重要です。よく言われるAGAを自覚するきっかけというものをまとめましたので確認してみると良いでしょう。気になるならば早めの治療を検討しましょう。

 

薄毛に気がつく『はっ』とする瞬間
  • 小雨の降り始め時期に傘をささずに歩いている時
  • お風呂上り
  • 髪の毛のセットがうまくいかない
  • 昔の写真を見た時
  • 他人からの指摘

 

どうでしょうか心当たりありませんか?気になったらまずは病院やAGA専門クリニックで診断しましょう。

 

まずは、無料でカウンセリングしてくれるクリニックをおすすめします。自分の症状を第三者から客観的な目で診てもらうのがAGA診断する上では重要です。自分自身のセルフチェックでも良いかもしれませんが、「いや、まだえける・・」とか、「もう少し頑張ろう!」と甘く判断しがちです。

 

プロの目で判断してもらいプロのアドバイスを受けるのが一番です!

 

 

オススメは、ヘアメディカルグループです。日本で初めて、薄毛治療専門病院として積み重ねた確かな実績のあるクリニックです。

 

困ったらまずは、ヘアクリニックに相談してみましょう。おすすめの理由は、何と言っても相談だけでもOKと言うところです。相談だけであらば無料です。変な勧誘も来ませんので安心できるクリニックです。

 

「日本初頭髪治療クリニック」

↓↓WEB無料相談はコチラ↓↓

>>「ヘアメディカル」公式HPはこちら<<
ヘアメディカル新LP

 

 

>>その他、近くのAGA専門クリニックを調べる

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加     

 

AGA治療は専門の医療機関で!

薄毛は黙っていても治りません!

生活習慣の改善を始めとする運動療法や食事療法、睡眠療法などの効果を否定するわけではありませんが、期待するほどの効果はないと言われています。


これらの予防方法は、専門院で行う治療を前提としています。生活習慣だけで薄毛が改善する可能性は低いと言っていいでしょう。薄毛改善をするなら医療機関での治療を開始すべき時代です。


薄毛は早期の治療が明暗を分ける病気です。少しでも気になり始めたり、抜け毛が多く感じたり、知人に指摘されることがあれば、それは治療開始の「シグナル」と捉えていいかもしれません。まずはAGA専門院に無料相談してみましょう。薄毛、抜け毛は病院で治す時代です。



 

AGAの進行パターン関連ページ

AGAとは
AGAとは、思春期以降に起こる体質的な脱毛症です。男性ホルモンの一種である、ジヒドロテストステロン(DHT)が原因で起こるとされており、現在DHTを抑制する薬にフィナステリド剤があり病院で処方を受けることができます。特徴としては、額の生え際部分から後退するタイプと頭頂部から薄くなるタイプがあります。一旦AGAを発症すると継続的に進行すると言われています。
薄毛は早期発見早期治療がgood!
AGAは早期発見早期治療がもっとも効果があると言われています。そのためには、いち早く薄毛状態に気づかなければなりません。日頃の毛をしっかりして行くことも重要です。
結論!ハゲを治す唯一の方法
AGAは男性型脱毛症と言われる男性特有の脱毛症のことです。AGAは男性ホルモンが原因とされており、治療法も存在します。基本的には原因となっている男性ホルモンDHTを抑制するための薬をのむことでかなり改善が見込めると言われています。
男性ホルモンとAGAの関係
男性ホルモンはどのようにして男性型脱毛症(AGA)に関与しているのでしょうか?この項では、AGAメカニズムやについて解説していきます。
フィナステリド効果はいつから出る?
AGAはになった人がフィナステリドを飲むと回復するのは解った。しかし、実際にどれくらいのスピードで改善するのか?そんな気になる改善時期についてまとめました。

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報