フィナステリドの効果はいつから

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

記事公開日:2016/10/02

最終更新日:2016/10/02

 

目次

 

 

フィナステリドの効果

さて、一番気になるフィナステリドの効果についてですが、

 

いったい、いつから効果を発揮するのでしょうか?

 

 

日本の臨床試験においては、「やや改善」以上の効果は、1日あたり1mgを48週間内服すると58%、3年間内服すると78%でした。この「やや改善」は、頭髮を撮影した写真を用いてルックスが改善しているという意味です。

 

48週というと約一年ということになります。

 

しかし実際には、速くて3ヶ月〜6ヶ月で改善したと実感する人が多いようです。

 

 

効果の実感というものは、非常に曖昧なものです。自分自身の満足度や、主観、希望的観測もあります。

 

効果に関しては、どうしても個人的主観が強いもので「やや改善」という曖昧な表現になりますが、AGAにおける評価の一つとして、最も有効なものが写真撮影によるビフォーアフターの判定です。

 

 

自分自身では分かり難いですが、写真撮影をすると客観的に判断しやすく分かりやすいです。自分心のセルフチェックにも使えるので自分で管理したいという方は、是非試されてください。

 

自分ではなかなか毛髮が揩ヲたというのは気づきにくいのですが、本来は見栄えを良くするための治療ですから、自分で気づくことは必須ではなく、人からの印象が重要です。そう考えると3年で78%と言うのは、なかなか良好な結果であると考えられます。

 

 

AGAクリニックに行くと薬を処方して終わりというクリニックがほとんどですが、治療開始前の写真撮影をしっかりしてくれるクリニックがあったらそれは、良いクリニックと言っていいでしょう。

 

いまは、デジタルカメラでデータをしっかり保存できるので数年前の自分もしっかり把握できます。

 

治療一年後より、二年後、三年後のほうが黒黒しているのがデータで確認できるのはなんとも言えない喜びです。

 

ナカナカ写真を取るのは手間なのですが、しっかり撮影をしてカルテ管理してくれるクリニックで有名なのは、ヘアメディカル銀クリAGA.comです。自分自身の治療歴を把握したい方にはおすすめのクリニックです。

 

「日本初頭髪治療クリニック」

↓↓WEB無料相談はコチラ↓↓

>>「ヘアメディカル」公式HPはこちら<<
ヘアメディカル新LP

 

フィナステリドの濃度

フィナステリドには、1.0mgと0.2mgの2タイプがありますが、処方される薬は殆どが1.0mgのものです。特に自身で希望しなければ通常は1.0mgのタイプが処方されます。

 

日本国内の臨床試験では、0.2mgと1.0mgの間に明確な効果の差が認められなかったのですが、海外の臨床デ?タでは、0.2mgと1.0mgの間に効果差が示されているデータも有るそうです。おそらくこのような経緯から、より確実に効果を出すため、そしてしっかり発毛という成果を出すために、実際の医療現場では1.0mgの処方になっているのが実在です。

 

フィナステリドは連続投与してこそ意味のある治療

またフィナステリドは、効果持続のためには継続的な連続服用が必要となります。内服開始から3〜6月程度で「抜け毛が減少した」などの効果が感じられることが多いです。

 

一方で、継続的にフィナステリドを服用していくと「頭打ち感」を感じます。

 

 

「あれ??、効き目が薄くなった」

 

「少し変だ・・・・」

 

「もう効いていないかも・・・」

 

 

と言った感じが出てきます。

 

しかし、毛髪は維持している場合が多く決して、効果が切れた、耐性がついたというものでもないケースがほとんどです。自分自身のことは、なかなか客観的に見れないためやはり写真撮影などで判断することが需要になってきます。

 

どうしても、「維持できなくなった」と感じたら、次の手として少々高いですがより強力な薬「ザガーロ」を服用するという手もありますので、効果を実感できな方は、ザガーロを試してみてもいいでしょう。

 

 

フィナステリドの副作用と注意点

フィナステリドは、男性ホルモンの強さに影響を与える薬剤なので性機能異常が副作用としてあるのではないかと危惧されいます。

 

しかし臨床試験では、性機能異常を訴えた人の割合がプラセボ群と統計学的に意味のある差がありませんでした。

 

性欲減退を訴えた人は若干はいますが、ほとんど気にならない程度の数値です。実際は、他の影響でそのような性欲減退や勃起不全が起こったことも考えられます。副作用としての性機能異常は否定的と一般的に考えられています。

 

 

またこの薬剤で注意すべきことを1点上げておきます。

 

フィナステリドを内服すると前立腺癌マ?カである血中前立腺特異抗原PSAが約半分に減少します。そのため、フィナステリドを内服している間は前立腺癌の検査でPSAを測定したら、約2倍に換算す
る必要があることです。

 

このような検査を受ける人は、医師にフィナステリドを服用していることを話しておく必要があります。

フィナステリドの効果はいつから出るのか!関連ページ

AGAとは
AGAとは、思春期以降に起こる体質的な脱毛症です。男性ホルモンの一種である、ジヒドロテストステロン(DHT)が原因で起こるとされており、現在DHTを抑制する薬にフィナステリド剤があり病院で処方を受けることができます。特徴としては、額の生え際部分から後退するタイプと頭頂部から薄くなるタイプがあります。一旦AGAを発症すると継続的に進行すると言われています。
AGAの進行パターン
AGAのはどのように進行していくのでしょうか?AGAの発症する時期や進行のスピードは個人差があり一概には言えません。日常の抜け毛がどの程度なのか把握するしかありません。また、AGAの進行にはパターンがあり、N-H分類というものがあります。このN-H分類に照らし合わすことで現在の状況を把握できるでしょう。
薄毛は早期発見早期治療がgood!
AGAは早期発見早期治療がもっとも効果があると言われています。そのためには、いち早く薄毛状態に気づかなければなりません。日頃の毛をしっかりして行くことも重要です。
結論!ハゲを治す唯一の方法
AGAは男性型脱毛症と言われる男性特有の脱毛症のことです。AGAは男性ホルモンが原因とされており、治療法も存在します。基本的には原因となっている男性ホルモンDHTを抑制するための薬をのむことでかなり改善が見込めると言われています。
男性ホルモンとAGAの関係
男性ホルモンはどのようにして男性型脱毛症(AGA)に関与しているのでしょうか?この項では、AGAメカニズムやについて解説していきます。

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報