AGAの治療方法

記事公開日:2013/09/01

最終更新日:2016/11/06

フィナステリドの通販

AGA健康保険対象外

このページをご覧になっている方は、AGA治療薬における薄毛の改善効果については、すでにご存知だと思います。

 

日本国内においてAGA治療を行っている患者数は200万人ともいわれています。AGA内服薬(プロペシア等)によって薄毛をかなり高い確率で改善されることもあり、AGA治療は大変身近なものとなりました。

 

国内においAGA治療薬は、総合病院や皮膚科、美容クリニック、AGA専門クリニックなどで入手することが出来ます。AGA治療は自由診療のため、1月あたり6,500〜10,000円くらい治療費がかかるのが相場です。またAGA治療薬は、医師の診断のもと服用しなければならないことになっています。

 

日本で認可されているAGA治療薬は、「プロペシア」と「フィナステリド錠1.0mgファイザー」だけです。※1

 

 

プロペシアなどのAGA薬は、医療機関などで医師の処方がなければ購入できない薬です。

 

個人輸入業者を介してインド産のフィナステリド錠を購入することは可能ですが、全て自己責任になります。また、医薬品の個人輸入は健康被害などの事例が多くあり厚生労働省も注意喚起しています。(医薬品等を海外から購入しようとされる方へ)また、定期的な血液検査等も安全にAGA治療するための重要な項目です。自分自身の健康状態管理する上でも医療機関でAGA治療を行う事を推奨します。

 

※2015/12/10追記
現在、第三のAGA治療薬が国内で承認されています。これまでは、アボルブという名前で前立腺肥大治療の薬として使用されていたデュタステリドという成分の薬です。従来のフィナステリドに比べ、更に強い作用で男性ホルモンDHTを阻害することから、これまでプロペシアやフィナステリド錠で改善できなかった患者の方にも有効的に作用すると注目を集めている薬です。(最強の発毛効果!?ザガーロ(デュタステリド)はフィナステリドを超えるのか?

 

※2016/11/06追記
現在国内では、プロペシア、フィナステリド錠「ファイザー」以外にも、フィナステリド錠「サワイ」、フィナステリド錠「クラシエ」。フィナステリド錠「トーワ」が販売開始されています。またより強力に作用する、デュタステリドを主成分としたザガーロもGSKから販売されています。

 

フィナステリドをより安く安全に購入するには国内医療機関がオススメです。

 

AGA治療は専門の医療機関で!

薄毛は黙っていても治りません!

生活習慣の改善を始めとする運動療法や食事療法、睡眠療法などの効果を否定するわけではありませんが、期待するほどの効果はないと言われています。


これらの予防方法は、専門院で行う治療を前提としています。生活習慣だけで薄毛が改善する可能性は低いと言っていいでしょう。薄毛改善をするなら医療機関での治療を開始すべき時代です。


薄毛は早期の治療が明暗を分ける病気です。少しでも気になり始めたり、抜け毛が多く感じたり、知人に指摘されることがあれば、それは治療開始の「シグナル」と捉えていいかもしれません。まずはAGA専門院に無料相談してみましょう。薄毛、抜け毛は病院で治す時代です。



 

 

関連項目

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報