女性の薄毛とその原因

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

作成日:2015/06/06

更新日:2016/12/30

 

目次

 

 

女性の薄毛や抜け毛のメカニズム

女性の薄毛原因

髪の毛の成長には、毛周期(ヘアサイクル)と言うものがあります。この毛周期に沿って髪の毛は成長をします。

 

成城なヘアサイクルを維持できれば薄毛になることは殆どありません。

 

 

薄毛症状に悩む方の多くは、この毛周期が乱れることによって起こります。(毛周期についての説明はコチラを参照してください。毛周期とは

 

AGA(男性型脱毛症)の場合は、この毛周期が乱れることで抜け毛が増えて薄毛が進行します。

 

一方FAGA(女性型男性脱毛症)の場合は、男性と異なるメカニズムで抜け毛が進行します。しかし毛周期が乱れて起こることには代わりありません。ここが男性と女性では決定的に違うところです。

 

 

女性の場合は、男性がDHTと呼ばれる男性ホルモンの影響を受けて薄毛になる症状と異なります。DHTよりも生活習慣や、バランのよい食事、睡眠、運動などの要素が大きいと言われています。

 

また、年齢や妊娠なども大きな影響を受けると言われています。

 

女性の薄毛要因

女性の薄毛原因は、一言で語れないくらい多くの要素が絡み合っています。ここでは、どんな原因があるのかを見ていきたいと思います。

 

大きく分けて女性の薄毛には、年齢的な問題、出産後の薄毛問題、ストレスなどの生活習慣に関わる問題に別れます。女性ホルモンのピークは、20代の後半と言われていますが、この時期を境に女性ホルモンの分泌量は徐々に減少していくのが一般的です。

 

つまり年齢による脱毛は避けられないのが一般的な考え方です。

 

ではどのような要素が薄毛を引き起こしているのか見ていきましょう。

 

ホルモンバランスの乱れ

そもそもですが、女性にも男性ホルモンは存在します。男子ほど多くはありませんが、一定数存在していますがこのバランスが崩れるときがあります。

 

一番わかりやすい時期が、出産後や更年期の時期です。この時期は、女性ホルモンが急激に減少しバランスが乱れる場合があります。

 

 

この時、髪の毛は細くなってしまう場合があり、細くなることで、髪の毛が結果的に薄くなって見えてしまいます。これがホルモンバランスによる薄毛の原因です。

 

出産後、約4割の女性に抜け毛が多くなる症状が見られると言われています。出産後に抜け毛が多くなり始めたら分娩後脱毛症を疑ってみるとよいでしょう。

 

基本的に、一時的な女性ホルモンの低下なので自然ともとに戻ると言われていますが、症状を長引かせないためにも病院に行ったほうが良いでしょう。

 

 

病院は、出来れば薄毛専門クリニックが良いでしょう。髪の毛のプロがいるクリニックのほうが確実に回復へと導いてくれるからです。オススメは、薄毛治療で最も実績のあるヘアメディカルグループです。

 

「日本初頭髪治療クリニック」

↓↓WEB無料相談はコチラ↓↓

>>「ヘアメディカル」公式HPはこちら<<
ヘアメディカル新LP

 

頭皮トラブル

自分の髪の毛に合わないヘアケア用品やパーマ剤の過剰使用などは頭皮のトラブルを招く原因の一つです。髪の毛が生える土壌である頭皮に悪影響を及ぼすケアに関しては抜け毛を引き起こす原因になります。

 

特に、カラーリングやパーマは頭皮に大きなダメージを与えます。

 

 

髪形が決まらないからといって激しい頻度で行うと思わぬトラブルを引き起こしますので、極力頻度は少なめにすることを心がけましょう。

 

 

それ以外にも、肌に合わないシャンプーなども肌には良いとはいえません。

 

シャップーはスキンケアであると心がけて頭皮の状態に合わせて、適切なシャンプーを選びましょう。

 

過剰なダイエット

過剰なダイエットは髪の毛の根幹である毛母細胞など必要な栄養素を送り込めなくなり発毛を遅延させます。またミネラル不足にも注意が必要です。

 

髪の毛は、血余とも呼ばれます。血余とは「血のあまり」という意味です。

 

 

髪の毛の成長には栄養素が必要不可欠です。過剰なダイエットによって、髪の毛の成長に必要な栄養素がない状態であれば髪の毛も成長しません。ダイエットは、自分にとって一日に必要な栄養素をしっかり計算して行うようにしましょう。特に、ミネラルやビタミンなどバランスの整ったダイエット食事内容に気を使いましょう。

 

加齢

時間は、誰しもが平等で与えられたもので加齢は避けられない症状です。

 

残念ですが加齢による抜け毛の予防法はありません。自然に抜けていく髪の毛は、どうしょうもありません。

 

 

人間は一年一年老化します。老化は、当然髪の毛にも現れます。白髪や薄毛がその症状です。特に女性の場合は、閉経後に女性ホルモンが急激に減ります。このため、髪の毛にも影響を及ぼしやすいと言われています。

 

特に閉経時期に薄毛になる場合が多く見られています。この時期は、エストロゲンという女性ホルモンが急激に減るといわれている時期です。豆腐などはエストロゲンを多く含んでいる食品と言われていますので、大豆製品などを多く摂取して対策するのもいいでしょう。

 

 

「エストロゲン」とは、女性ホルモンのひとつで、体のラインや胸、女らしさにに大きく関与するホルモンで、女性にとって重要なホルモンのひとつです。このエストロゲンですが加齢とともに分泌量は減少しますが、女性ホルモンに似た働きをする栄養素を摂取すれば、老化を遅らせ、美しい体や髪の毛を維持することが出来るといわれています。

 

また年齢に伴いヘアサイクルも変化しますので、ヘアサイクルの成長期間が短縮されてしまう場合があります。こうした場合、髪の毛は細くなりハリやコシなどに大きな影響を及ぼします。

 

仕事などのストレス

近年、女性の社会進出によって女性が働く場所は格段敵に増えました。今では、産後休暇や育児休暇が当たり前の時代になってきていますが、同時にストレスを溜め込む女性も増加しています。

 

仕事や人間関係、育児や生活の変化などによるストレスはホルモンバランスを乱す大きな要因です。

 

 

またストレスにより血流に悪影響を与え薄毛を進行させる場合があります。

 

体を動かす、休みをとってリラックスする時間を作るなどストレスを溜め込まない工夫をしてみましょう。

 

不規則な生活

日常生活が便利になった日本では、睡眠不足、偏った食生活はもはや当たり前です。

 

便利になったためか、運動不足になりがちです。また、女性でも喫煙する人も増えてきましたこのような、生活環境変化が血行不足を招く場合があります。決行不足は、コシやハリ、頭皮環境の悪化につながり薄毛の原因になります。

 

髪の毛のためには、できるだけ不規則な生活をしないのが基本です。

 

 

特に睡眠時間には気をつけたいものです。人間は夜寝て朝飽きるように体内時計で組み込まれています。22:00〜02:00はゴールデンタイムと呼ばれ肌や髪の毛にとって重要な時間とされておりこの時間に睡眠をとるといいとされていますので、極力この時間には睡眠をとるようにしましょう。

 

女性ホルモンの乱れとは

女性ホルモンの乱れ

ハリやコシがない、パサつく、髪の毛が細くなったなどの症状は、血行が悪化したことに加えて女性ホルモンのバランスが乱れることが原因とされます。

 

 

女性ホルモンでよく知られる物質にエストロゲンとプロゲステロンがあります。これらはバストラインや女性らしい体つき、妊娠出産など影響を及ぼすホルモンです。

 

 

女性ホルモンの分泌は20代後半にピークを迎え30歳を過ぎると徐々に減少し、45〜55歳で急激に減少します。

 

特に閉経後には髪質の低下が顕著に現れます。

 

 

女性ホルモンは、卵巣から分泌されるホルモンで分泌量は平均的に30歳前後でピークを迎え減少していきます。これは人間の加齢現象であるため避けることが出来きません。更年期前後の女性で薄毛の悩みを抱えている方は、この女性ホルモンのバランスが崩れている可能性が高いです。

 

エストロゲンに似た栄養素を摂取することで、老化を遅らせ、美しい肌や髪の毛を維持することができるといわれています。エストロゲンに似た栄養素を持つ製品は、大豆製品ですので、それらを積極的に摂取することも髪の毛には効果的に作用するでしょう。

 

各年代の髪の毛の特徴

20代

女性ホルモンの分泌量がピークに向かう世代。20代は、髪の状態も良好でハリやコシ、毛髪も最もいい状態の時期。しかし、質や量に関しては個人差があり白髪が出てくる人もいる。

 

30代

髪の毛はまだまだ元気だが、徐々にウネリや波打つが出てくるようになる。これは髪の毛が乾燥しやすく空気中の水分を含んでしまうためで指通りの悪さも感じるようになる。

40代-50代

 

個人差による所が強いが更年期に差し掛かると、髪質が一気に低下する。特に閉経後はそれが顕著になり薄毛が目立つこともある。また白髪も目立つようになる。

60代

 

髪の毛の加齢現象はより顕著になり頭皮の乾燥が加速します。薄毛が気になり始める人も多く出ますが、全く気にならない人もいます。

 

東京ビューティークリニック

 

ぶっちゃけ治るの?

女性の場合は、男性の薄毛のようにAGA内服薬が使えません。

 

基本的には、生活習慣の見直しをしつつ、頭皮や髪の毛の成長に必要な成分を補給し続けるのが治療の基本となります。

 

 

それでもパントガールと言われる内服薬があります。パントガールは、女性の薄毛を改善するためのアミノ酸やたんぱく質、ビタミンB群などが配合されて居る薬です。また毛髪の成長を刺激して薄毛を治療。髪質も改善も期待できます。

 

このパントガールに加えて、塗り薬のミノキシジルを併用して行うことがFAGAの基本的な治療です。

 

治療費は、症状にもよりますが月額15,000円〜32,000円です。男性の治療費に比べると少々高い傾向にあります。

 

 

しかし、約80%の人はFAGA治療によって改善効果が見られます。しかし、個人差は当然あります。また治療を継続すれば永久的に生え続けるというものではなく、一定のラインで頭打ちになるのは個人個人に存在することも忘れてはいけません。

 

薄毛は黙っていては進行する一方です。

 

まずは、無料カウンセリングなどを受けると良いでしょう。治療を始めるかどうかに関しては、自己判断になりますが、専門的かつ客観的な意見を専門の医師にから説明を受けるだけでも道が開ける場合があります。

 

無料カウンセリングなどをうまく活用してみましょう。無料カウンセリングを行っている頭髪専門クリニックは、ヘアメディカル東京ビューティークリニックです。

 

東京ビューティークリニック

 

「日本初頭髪治療クリニック」

↓↓WEB無料相談はコチラ↓↓

>>「ヘアメディカル」公式HPはこちら<<
ヘアメディカル新LP

危険!女性の薄毛とその原因とは関連ページ

女性の薄毛抜け毛に効くシャンプー!
女性の薄毛対策の一つにシャンプー選びがあります。シャンプーは、自分にあった物を選び過剰に洗い過ぎないようにしましょう。特に刺激の強いものは頭皮によくありません。アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。
女性薄毛対策!頭皮に負担のない髪型
女性の薄毛問題が増えてきています。薄毛で悩む女性は600万人ともいわれています。男性にハゲはあるが女性にハゲはないというのは単なる都市伝説です。女性の薄毛は医学的な治療に酔ってかなりの確率で回復します。薄毛を行って人生を充実させキレイに歳を重ねましょう。
女性の異常な抜け毛って病気なの?
女性はハゲないというイメージがありますが、そんなことはありません。一日に150本200本と異常な抜け毛を体験をしている人も多くいます。抜け毛自体は問題でありませんが、明らかに多い抜け毛は何らかの原因がありますので一度頭髪専門病院に行くようにしましょう。
女性の抜け毛は原因が一つではない!
女性の抜け毛や薄毛症状の原因は、一つではありません。いくつかの原因が重なっている場合もありますので注意が必要です。
女性の加齢による薄毛を予防する!
女性の薄毛予防としては、様々な予防法がありますが日常でできる予防法も是非導入しましょう。特に、髪の毛を洗った後の手入れは毎日行うので気をつけるようにするとよいでしょう。また万が一薄毛になったら迷わず、病院へ行きましょう!即効でです!
頭皮血行不良改善して薄毛を脱出!
薄毛の原因の一つに頭皮の血行不良が上げられます。血行が悪いと毛根に必要な栄養素を送れなく髪の毛の成長を妨げるという理屈です。では、血行を良くするにはどうしたらいいのでしょうか?そもそも血行不良を改善で毛は生えるのでしょうか?
女性の抜け毛防止方法のまとめ
女性薄毛で悩んでいる人も多くいるでしょう。一体どうすれば毎日の抜け毛を防止できるのでしょうか?抜け毛を防止する方法をまとめましたので、最近抜け毛が・・・既にもうヤバイ・・・・という人も是非参考にしてみてください。
女性の抜け毛対策は食べ物も大切
薄毛で悩む女性は非常に多くあなただけではありません。抜け毛をこれ異常増やさないためには食事の内容を変えることが重要です。抜け毛を少なくしてストレス野ない生活を送りましょう!人生を充実させキレイに歳を重ねましょう!
【美髪】女性の髪質をよくする方法
美髪になる方法!その条件とはなんでしょうか?美髪を保つにはヘアケアをしっかりすることが重要です。また、基本的になことですが食事内容や喫煙、睡眠時間、飲酒などにも気をつけないといけません。
20代女性の薄毛・抜け毛対策
女性の薄毛問題が増えてきています。特に更年期以降の女性ではなく20代の女子にもその薄毛問題が広がっています。少しだけ気になる貴方必見情報です!
30代女性の薄毛・抜け毛対策
30代は結婚や出産など人生のイベントがなにかと多い時期!仕事もバリバリ全開モード、そんな多忙な人ほど薄毛に悩んだりしています。30代が陥りやすい薄毛の症状についてまとめてみました。
女性の薄毛QA集
女性の薄毛でよくある質問をまとめました。

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報