用語解説とは?

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

頭髪の生理現象、毛周期とは

人間の頭髪は、一本一本に寿命があります。髪の毛は一個の毛穴か一本生えてきます。初めはうぶ毛のような細く短い毛が生え、徐々に太く長くなりその後は、平均0.3mm/一日の速度で伸び続けます。この状態は2〜6年同じように繰り返され伸び続けますが、その後は脱毛します。脱毛後、数週間すると同じ毛穴からまた新しい毛が生えてきます。この周期のことを毛周期(ヘアサイクル)と呼んでいます。以下の様な期間を繰り返しています。

 

成長期:2〜6年
退行期:2週間
休止期:3〜4ヶ月

 

これらの一連の周期(サイクル)を総称して「毛周期」または「ヘアサイクル」と呼びます。

 

正常な状態における全頭髪中の成長期毛率は、約90%と言われており後退期や休止期は10%以下と言われています。したがって、平均寿命が80歳であれば一生のうちに一本の毛は十数回生え変わる計算になります。また、ヘアサイクルに関する詳しメカニズムは残念ながらまだ解明されていません。

 

乱れた毛周期を治すのは医療機関が一番!
男性であればAGAスキンクリニックが人気!
女性であれば東京ビューティークリニックがオススメ!

 

毛周期の季節性

英国のある有名な毛髮科学者の研究では、毛周期には季節性があり、北半球に起源をもつ人間の成長期毛率は秋から冬にかけて低下し、春から夏にかけて増加すると報告されています。

 

これはちょうど、犬やウサギなどの動物が夏と冬で毛が生え変わることと同じ理由だと言われています。夏は有害な紫外線が多い為、これを避ける目的で動物は毛の色が濃くなり毛髪量が増得ると言われています。

 

あるデータによると夏には成長期毛率が95%と最大になルのに対して、冬には成長期毛率が85%と最小になります。秋口になると枯れ葉が落ちるように、抜け毛が増えだすと感じる人が多いのは、毛周期に季節性があるからだと言われています。

 

夏から冬にかけて、約10%の成長期毛率の低下、1日に何本の頭髮が抜ける?

一般的な頭髪の総本数を10万本とすると、その10%は1万本です。一年の半分の180日で抜け落ちるとすると約56本の毛が抜け落ちる計算です。一日の生理的脱毛本数は70〜80本といわれているので、夏から冬にかけては、1日に約120〜140本の毛が抜ける計算になります。これが、秋口には抜け毛が増えると思わせる原因で、とくに異常なことではありません。(AGA患者は、一日に何本抜け毛があるものなのでしょうか?

 

毛周期の異常

毛周期に異常が起こると、脱毛症を呈します。休止期の異常で起こるものを休止期性脱毛症、成長期の異常で起こるものを成長期性脱毛症と呼びます。休止期性脱毛症には、分娩後(出産後)脱毛症、ピル服用後脱毛症、ダイエット飢餓性脱毛症、甲状腺機能低下症(橋本病)による脱毛症、薬剤性脱毛症や男性型脱毛症(AGA)などがあります。成長期性脱毛症には、円形脱毛症と薬剤性脱毛症などがあります。

 

男性型脱毛症は休止期性脱毛症に分類されていますが、正常なら2〜6年つづくはずの成長期が数ヶ月〜1年程度に短縮され、その結果、頭髪が太く長くならず、細く短い状態のまま抜けてしまいます。このような頭髪が多くなると、あたかもはげたかのように見えるのです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加     

 

AGA治療は専門の医療機関で!

薄毛は黙っていても治りません!

生活習慣の改善を始めとする運動療法や食事療法、睡眠療法などの効果を否定するわけではありませんが、期待するほどの効果はないと言われています。


これらの予防方法は、専門院で行う治療を前提としています。生活習慣だけで薄毛が改善する可能性は低いと言っていいでしょう。薄毛改善をするなら医療機関での治療を開始すべき時代です。


薄毛は早期の治療が明暗を分ける病気です。少しでも気になり始めたり、抜け毛が多く感じたり、知人に指摘されることがあれば、それは治療開始の「シグナル」と捉えていいかもしれません。まずはAGA専門院に無料相談してみましょう。薄毛、抜け毛は病院で治す時代です。



 

毛周期関連ページ

ジヒドロテストステロン(DHT)
ジヒドロテストステロン(DHT)とは、睾丸や副腎で分泌される男性ホルモンのことです。このDHTこそが、男性型脱毛症(AGA)の原因の元とされている物質です。AGA対策には、このDHTをどのように抑制するかにかかっているのです。
テストステロン
AGA
AGAとは?
フィナステリド
フィナステリドが抜け毛や薄毛に対してなぜ効果があるのか、また副作用について解説しています。フィナステリドを内服しようと考えているかたぬ向けた用語説明のページです
N-H分類(ハミルトン-ノーウッド分類)
N-H分類とは、米国の皮膚科ノーウッドによって分類されたAGAの進行度合いを確認する指標です。N-H分類は現在のAGAの進行状況がどの程度進んでいるか確認でき、AGA治療を開始する状況にあるのかの目安にもなります。
耐性
ミノキシジル
白髪
エストロゲン
エストロゲンとは、ホルモンの一種で女性ホルモン又は卵巣ホルモンとも呼ばれています。女性らしさを司るホルモンとして知られています。
キノリンイエロー
キノリンイエローは日本名で黄色302号と呼ばれているタール色素です。発がん性の疑いがある物質とされていて、事法においては用途によってですが一部使用が認められている物質です。
IGF-1(インスリン様成長因子)
IGF-1(インスリン様成長因子)とはペプチドと言われる物質で、主に肝臓で分泌される。糖尿病などで効かれるインスリンとは別物である。
育毛
発毛
HARG治療
HARG治療とは、再生医療技術を薄毛抜け毛治療に応用した新しい治療法です。特徴としては、従来のAGA治療と異なり男女共に治療を受けることが出来る点です。従来の薄毛治療は、男性をメインに内服薬と外用薬によるAGA治療が主でしたが女性は内服することの出来ない薬でした。HARG治療の特徴はは、女性を含めた全ての方に有効な治療法です。
HARGカクテル
用語解説
AAPE
AAPEとは、健康な成人女性の脂肪由来幹細胞から抽出したタンパク質のことで、発毛を促す重要な成長因子です。
KGF
KGFとはケラチノサイトグロスファクターのことです。
リビドー減退
リビドー減退とは、性的欲求のことを指します。つまりリビドー減退というと一般的には精力減退のことです。
成長因子
成長因子(グロスファクター:Growth factor)は、細胞の成長を促進させる物質です。細胞の種類によって成長因子の働きは異なり、髪の毛に関する成長因子はKGF、PDGF、VEGFという成長因子が重要であると考えられています。
自毛植毛
自毛植毛について解説しているページです。
亜鉛
亜鉛はタンパク質や拡散、インスリンの合成、新陳代謝の過程に不可欠なミネラルで前立腺の動きを正常化し生殖機能の発達に必須であり、生命維持に必要な多くの酵素の構成要素です。
亜鉛欠乏症
亜鉛が欠もうすると円形脱毛症や抜け毛の原因になると言われています。
育毛メソセラピー
用語解説
医薬品
医薬品とは
医薬部外品
医薬部外品とは薬機法の規定で分類されている医薬品と化粧品の中間に位置するものです。AGA治療薬の一つでもあるミノキシジルはこの医薬部外品です。
ジェネリック医薬品
ジェネリック医薬品は、これまで効き目や安全性が実証されてきた薬と同等と確認された低価格の薬です。
コエンザイムQ10
コエンザイムQ10は肉類や魚介類等の食品に含まれる脂溶性の物質です。老化現象と密接な関わりを持つ物質です。
5α還元酵素
5α還元酵素とは、ステロイドの代謝に作用する酵素の一つです。薄毛の原因物質DHTへ変換させる役割を持っている物質です。
男性ホルモンレセプター
男性ホルモンレセプターが少なければ、男性ホルモンが多くてもハゲません。
頭髪の毛周期
ヘアサイクルとは髪の毛の新陳代謝とも言えます。毎日、抜け毛があるのは普通の状態です。一定の毛髪を維持するために必要なメカニズムの一つです。
フィナステリド錠「ファイザー」
フィナステリド錠1.0mgファイザーはファイザーから販売されているプロペシアのジェネリック医薬品です。
フィナステリド錠「サワイ」
フィナステリド錠「サワイ」は。沢井製薬から販売されている国内三例目のプロペシアジェネリック医薬品です。
フィナステリド錠「クラシエ」
フィナステリド錠「クラシエ」は、クラシエホールディングスから販売されている、プロペシアのジェネリック医薬品です。国内4番目に認可されたフィナステリド錠です。
プロペシア
プロペシアは男性型脱毛症薬として初めて国内承認された薬です。主成分はフィナステリドで、MSD(旧万有製薬)より販売されています。
FAGA
FAGAとは、女性男性型脱毛症のことで髪の毛一本一本が細くなるという特徴の抜け毛症状です。男性のように頭頂部や剃りこみラインが局部集中的に薄くなるような症状はまれです。
塩化カルプロニウム
塩化カルプロニウムの用語解説ページです。
ジェネリック医薬品
ジェネリック医薬品について解説しているページです。
ケラチン
ケラチンとは髪の毛の組織の大部分を〆るタンパク質です。18種類のアミノ酸がくっつくことで出来たタンパク質の総称です。
脂漏性脱毛症
脂漏性脱毛症とは、毛穴に詰まった皮脂が原因で起こる脱毛症のことです。
粃糠性脱毛症
粃糠性脱毛症は、思春期以降の男性に起こる脱毛症とされています。粃糠性脱毛症は皮脂の量が少ないことでフケが発生することで抜け毛多くなる脱毛症状です。刺激の強いシャンプーなどが原因で発症しやすい脱毛症状とされています。
びまん性脱毛症
びまん性脱毛症とは、女性特有の脱毛症です。局部的にハゲるのではなく、全体的にボリュームダウンして行く特徴があります。
牽引性脱毛症
牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)とは長時間、髪の毛を引っ張られる状態を維持した時に発症する脱毛症です。代表的な髪型はポニーテールです。
分娩後脱毛症
分娩後脱毛症は女性特有の脱毛症で、出産後に見られる脱毛症状です。基本的には自然に回復する。
リアップ×5
リアップは大正製薬から販売されている発毛成分ミノキシジルを含んだ育毛剤です。
パントガール
パントガールは女性専用の育毛剤です。細胞代謝を活発にし、髪の毛の発毛を促進します。
ポストフィナステリド(PFS)
ポストフィナステリドについて解説
毛髪再生治療
毛髪再生治療とは薄毛に対して多角的にアプローチしてその症状を改善するための治療です。
アボルブ
用語解説
自由診療
自由診療について解説しています。一体何故?AGA治療は、健康法県適用にならないのでしょうか?QOLの観点から一刻も早く保険対象にしてほしいものです。
グラフト
植毛を行う際に使われるグラフトと言う言葉の解説ページです。グラフトとは毛穴単位の呼び方です。この単位で金額を計算している所がほとんどです。
ザガーロカプセル
ザガーロは、グラクソ・スミスクライン社より販売される新たなAGA治療薬です。これまでのプロペシアやフィナステリド上よりも強力な効果があり、重度に薄毛進行した患者の方にも改善効果があると言われています。
デュタステリド
デュタステリドとは、AGA治療薬(アボルブ、ザガーロ)に使用される成分の一つです。従来のAGA治療薬フィナステリドよりも強力に作用するのが特徴のAGA治療薬です。
初期脱毛
AG治療における初期脱毛について解説しています。
成長因子複合体
成長因子複合体とは、HARG療法における頭皮に打ち込む成分のことです。成長因子複合体には様々な成分が含まれており、数種類もあります。各クリニックによってこの成分のブレンドや配合は異なります。
円形脱毛症単発型
円形脱毛症の種類には、数種類あリその中の一つが単発型です。円形脱毛症の中でも最もよく見られるタイプのパターンです。
円形脱毛症多発型
円形脱毛症の種類には、数種類あリその中の一つが多発型です。複数の脱毛斑が出来た状態の症状です。単発型と思いきや違う場所にあって、結果的に多発型であるという場合もありますので注意して見る必要があります
ケラステム毛髪再生
あなたの薄毛、もしかして頭皮の脂肪不足が原因かも???ケラステム毛髪再生で薄毛改善しませんか?最新の薄毛治療、ケラステム毛髪再生とはなにか?
円形脱毛症全頭型
円形脱毛症の全頭型は、その名の通り頭部全体に影響を及ぼす円形脱毛症です。
円形脱毛症汎発型
円形脱毛症の汎発型は、最も重度な症状と言ってもいいでしょう。体中の毛という怪我すべて抜ける脱毛症です。
円形脱毛症蛇行型
円形脱毛症の蛇行型は、おでこ廻りなどの生え際に現れる症状です。
ステロイドパルス療法
最近、円形脱毛症の治療法の一つとしてステロイドパルス療法を使用する医療機関が増えてきています。ステロイドパルス療法は、免疫や炎症を抑制する作用があり、自己免疫疾患や炎症疾患に対する有効な薬剤とと言われています。 いったいどのような治療なのでしょうか?
ステロイド内服薬療法
ステロイド内服薬療法は、他の自己免疫疾患と同じようにステロイド内服による自己面系反応の抑制を目的とした治療方法です。
激安AGAクリニック
はっきり言ってAGA治療は、薬を飲んでなんぼです。やすければ安いほど負担は少なくなりますので、出来るだけ安いクリニックで治療をする事が良いです。そんな激安クリニックを紹介しています。

PRサイト



home AGAとは AGA予防 AGA対策 よくある質問 運営者情報